2027年リニア新幹線開通による経済・生活の変化(リニアインパクト)を活かした県づくり

リニア新幹線開通時には、東京と名古屋間は40分で結ばれる。時間ストレスのない、より豊かな生活環境を提供するために、リニア新幹線名古屋駅へ、30分間以内移動できる道路・鉄道網を目指す。また、中部国際空港へも30分以内移動できることを目指す。

整備のポイント

  • 鉄道間の乗り入れ促進
  • 延伸計画のある鉄道網について、その延伸あるいは、終点駅からの道路の拡幅・自動車専用道路の整備
  • 知多半島と渥美半島を結ぶ「(仮称)セントラル大橋」整備
  • 現在、計画・進行中の高速道路網の整備推進

整備のイメージ

愛知メガリング計画
リニア名古屋駅・名古屋港・中部国際空港を拠点軸とした地域づくり
知育ビジョンの策定
名古屋地区、尾張地区、知多地区、西三河地区、東三河地区

大規模地震、大規模台風(豪雨)に強い、防災を考えた県づくり

大規模地震、大規模台風における災害発生時に、減災となるよう、避難場所であり、救護拠点・物資支援拠点となるような市町村ごとに、避難・災害時支援可能な100m級道路整備を目指す。
平常時はのリニア新幹線名古屋駅へ30分以内移動できる道路網として活用。

整備のポイント

  • 平常時はリニア新幹線名古屋駅へ、30分以内移動できる道路利用
  • 災害時には、避難所として、災害用飲料水、災害用トイレが提供可能
  • 災害時には、ヘリポートとして活用し、救護拠点、支援物資配布拠点となる

世界No1の産業、日本No1の健康づくりを目指した県づくり

"集積"という考え方をもった再開発。居住地区、産業地区、工業地区、農業地区というように、機能別の敷地を大きく確保し、100m級道路(拠点)を含めた土地利用計画大再生編による、21世紀半ばのグーバル化や人口構成を見据えた産業拠点、健康づくり拠点整備を目指す。

整備のポイント

  • ”集積”によるスケールメリット、高度なサービスメリットのある産業拠点、健康づくり拠点
  • 日本一の医療体制の構築・高齢者福祉施設の充実
  • 居住地区から、産業拠点、健康づくり拠点へは、自動車移動と地域内シャトルバスを利用
  • 男女が共に働き、シニアまで活動的な人生となるよう保育、学習、運動、文化活動機能を集結させた健康づくり拠点

世界へ羽ばたく教育プログラムのある県づくり

企業活動は、海外での収益を含めた経営となり、活動拠点も、人材も国際の流れにある。将来に向け、希望である子育てが可能となるようなグローバル経済で活躍する人づくりとして、全国No1英語教育環境整備を目指す。

整備のポイント

  • 特化した勉強では世界最高峰(語学教育)
  • 0〜22歳では、全国No1のプログラムと成果
  • 海外からの留学生、就学者にとって、日本一住みたくなる県

整備のイメージ

全国No1の語学教育プログラム
  • 年間授業時間(0〜22歳)
  • 外国人教師数比率
  • 無償での語学テスト
  • 海外留学支援
海外からの留学生・就学者向け生活施設の集積
  • シェアハウス運営支援(県内学生・社会人との交流)
  • 海外からの就業者家庭用賃貸住宅・タウン整備(日本人家庭:海外からの就業者家庭比率〜50%:50%の街づくり)
  • インターナショナルスクール運営支援

生活が楽しい、エンターテイメント・エデュテイメントを考えた県づくり

世界No1、全国No1の、産業・文化のPR、産業・文化の育成を目指し日本一(花卉産業)を活かした、国際園芸博覧会の誘致などを目指す。

整備のポイント

  • 世界No1、全国No1となっている、あるいは、目指すを基準
  • 愛知県のPRとして、関わる人口が多いテーマを選択し集中する
  • 愛知県に住みたくなるような、エンターテイメント性がある

整備のイメージ

国際園芸博覧会の誘致
花卉産業、日本一の県として、2020年代の誘致を目指す
東山動植物園、名古屋港水族館、名古屋市科学館、豊橋動植物園におけるNo1活動支援
施設内に何か1つ、日本一がある施設をより強化し、東海地区のエデュテイメントの拠点として整備

県づくりを支えるエネルギー供給・水資源確保計画

働く職場があって、県は栄えることができる。工業・農業・林業・水産業を支えるエネルギーと水について産業・生活を支える信エネルギー拠点の整備、気候変動を考えた水資源の再設計を目指す。

整備のポイント

  • 安価で安定供給可能な、国内生産可能な新エネルギーの開発と施設整備
  • 気候変動による渇水対策、災害時における飲料水確保
  • 愛知県の水源は、愛知県の投資により、国内資本として守る

整備のイメージ

渥美半島、知多半島に新エネルギー拠点整備
  • メタンハイドレート研究施設、実用化試験施設誘致
  • 風力発電、メガソーラー施設整備支援
水源地の購入
  • 木曽川水系、矢作川水系・豊川水系の水源とその周辺の土地の購入
  • 隣接県の水系における、水源とその終焉の土地の共同購入
ページトップへ 戻る